記事一覧

『はじまりは愛着から』 霧が晴れた !

子どもの先々の事を、悶々と考える時がありました。親として、この今の一瞬をどう判断したらいいのかな・・・と。でも、ふとこの本を読んで、霞が晴れるように、気持ちが少し楽になりました。はじまりは愛着から 人を信じ、自分を信じる子どもに (福音館の単行本)佐々木正美 著  福音館書店その中の二つを紹介します。①引用子どもの話をよく聞く、意見を言うよりも見守る、受け入れる。親は教育者になるよりも保護者に徹する、...

続きを読む

『どんぐり』 好きを広げる ♪

庭に球根を植えようとしたら、どんぐりがたくさん落ちていました。写真、見づらいですね。先日、インターネットを見ていたら、ドングリ100個 500円で売られていました。高いのか、安いのか・・・・、よくわかりませんが、落ちているドングリも、ちょっと価値が上がって見えます。(笑)きっと工作で使うドングリが必要なんでしょうね。。子どもが小さいころ、よくドングリを拾いながら、歩いていました。拾ったドングリを入...

続きを読む

『メロディ 大好きなわたしのピアノ』 ずっとそばに・・・♪

近く子どものプチピアノ発表会があり、子どもが練習を、(気持ち次第ですが・・)しています。子どものピアノは、あるきっかけがあって、思いもかけず両親がこどもに買ってくれたものです。子どもは、普段ピアノの練習をする、というより、気分がいいとき、モチベーションをあげたい時、気持ちを切り替えたい時に、ピアノの向かっているようです。そんな姿を見ると、ピアニストになるほどひけなくてもいいから、子どもには、ずっとこ...

続きを読む

『どんな絵本を読んできた?』 みんな同じじゃない、けど、おなじ♪ 

人の思い出に残る絵本、おススメする絵本には、興味があります。気になって、紹介されている絵本を読んでみることもあります。同じように感じることはないかもしれませんが、それはそれでいいと思っているし、だからこそ、なるほど~と思うこともあります。最近は、この本を読んでいます。どんな絵本を読んできた?紹介されいる絵本にまつわるエッセイを読むと、いろいろな気づきがあります。興味深いのは、著名な方が紹介されてい...

続きを読む

『わたしのいえ』 想像を膨らませて ♪

子どもの頃から、家の間取りを見るのが好きです。小学佼か、中学校の頃、モンゴルのパオに興味を持ち、いろいろと調べて、自由研究みたいにまとめたことがあります。今でも、新聞のチラシで入る家の間取りを見るのが好きです。だからきっと、この絵本が好きなんだと思う。。。わたしのいえカーソン・エリス 作 木坂涼 訳 偕成社 2016年1月 発この絵本には、いろいろな家がたくさん載っています。まちのいえ、いなかのいえ。...

続きを読む

『かじってみたいな、お月さま』 クマくんの不思議 ♪

大人になった今でも、冬眠する動物・虫の生態は、不思議です。特に、くまさん。あんなに大きな体で、冬の間、何も食べずに寝続けるなんて、驚きです。現実では人を襲うと恐れられているクマさんですが、絵本の世界では、人気者です。例えば、この絵本のクマさんも好きです。かじってみたいな、お月さま (児童図書館・絵本の部屋)F・アッシュ 作 山口文生 訳 評論社 1985年7月20日初********************************ある夏の...

続きを読む

『魔女たちのあさ』 楽しもう~♪

先日スーパーで、お菓子を買いました。ハロウィンで配るお菓子です。このお菓子を、バラバラにして、小袋に詰めます。ハロウインなんて、まだずっと先と思っていても、すぐにやってきます。去年、日が迫ってから、慌ててスーパーに買いに行くと、いいな~と思うお菓子は、すでに売り切れになっていました。なので、今年は、豊富に、選びたい放題あるときに、お菓子を買っておくことにしました。ハロウインの行事を深く理解している...

続きを読む

『ゆず先生は忘れない』 心に語りかける ♪

ある日の夜のこと。子どもが「この本、すごくいいから、読んでみて」と、私に言いました。ゆず先生は忘れない白矢三恵 著 山本久美子 絵 2016年8月31日 くもん出版時々、子どもから本を薦められることはあったけど、今回は、何回もしつこいくらい言ってきました。「ほんとにこの本は、いいから、夜に読んでみて。字も大きいからすぐ読めるよ」寝る前にも、「読んでみてね」と。こんなに何度も言うのは初めてです。その上、す...

続きを読む

『おかあさんおめでとう』 ウーフは友だち♪

子どもが絵本を読みたくなる理由は、いろいろあります。面白い・楽しい、というのが一番の理由だと思います。その中でも、絵本の中で、自分と等身大の友だちを見つけている、こともあります。例えば、くまの子ウーフのその一人だと思います。おかあさんおめでとう (くまの子ウーフの絵本 1)ポプラ社 神沢利子 作  井上洋介 絵  1979年11月*******************************************きょうは、ウーフのおかあさんのたんじ...

続きを読む

『モグラくんとセミのこくん』 想像を膨らませて ♪

私の好みの問題ですが、何かの「暮らしぶり」が垣間見れる、想像が膨らむ、そんな絵本が好きです。なので、この絵本も、私のツボです。モグラくんとセミのこくん (こどものとも絵本)福音館書店 ふくざわゆみこ さく 20110605 発セミのこくんが、セミになって地上に出るまでの、モグラくんとの楽しい暮らしぶりが描かれています。土の中で暮らす、セミのこくんとモグラくんの様子は、想像の世界の出来事です。フィクションだけ...

続きを読む

『ねこどけい』  猫愛が溢れたら・・♪

私も、子どもも、猫が好き。だけど、家には猫がいない。なかなか猫を触る機会もない。猫ちゃんに会いたいな~。実家の猫ちゃんは、かなりのいわゆる「ツンデレ」ちゃんです。子どもの猫愛が強くて、抱こうとするのですが、逃げられます。おばあちゃんの力を借りて、なんとか抱っこしても、最後は猫ちゃんに「シャー」と言われてしまいます。猫愛がつよすぎるのでしょうかね。そんな時は、この絵本を読んで、紛らわしましょう。ねこ...

続きを読む

子どもの体験教室 ♪

夏休みの日記的な話題です。。。貴重な体験教室の付き添いをしてきたので、ご紹介します。夏休み、ということで、子どもの体験教室に付き添って行ってきました。待ちに待った「コードブルー」も始まったタイミングで、ドクターヘリの見学もできる体験教室に当選したので、子どもも大喜びです。指折り数えて待つお正月以上に、子どもはこの日を楽しみにしていました。私は、生々しいことが苦手なので、ちょっと気分はブルーでしたけ...

続きを読む

『どっちのてにはいってるか?』 パパと・・・♪

どっちのてにはいってるか? (あてて・あててえほん)偕成社  新井洋行 20100402「どっちのてにはいっているか?」子どもが小さいころ、主人とよく遊んでいました。懐かしいです。単純だけど、とっても子どもが喜ぶんです。何度も、何度もやってました。絵本で読んでも楽しいです。何度も読んで、答えが分かっていても、子どもって、何度でも遊べるんですよね。0歳後半ぐらいからでも、読み聞かせしてあげられそうです。絵本なし...

続きを読む

『あくびばかりしていたおひめさま』  ともだちっていいね♪

シュールな感じの絵が、面白そう~と思って、読み始めた絵本です。****************************おおさまにはおおきな悩み事がありました。一人娘のお姫様があくびばかりをしているからです。そして、おひめさまがあくびをすると、おうさまも、おきさきさまも、だいじんも、ねこも、いぬも、あくびをします。おうさまは、色々な手を使って、おひめさまのあくびをとめようとするのですが、とめることができません。そんなとき、おひ...

続きを読む

『おやすみなさい』  愛情の子守歌・・・♪

日本人だから、かもしれないけど、なかなか言い出せない言葉や想いってあります。子どもに対しても、深海のような深い愛情を持っているにも関わらず、毎日怒ってばかりで、心の中で自己反省してしまうこともあります。子どもが小さいころは、愛情が伝わる言葉も言いやすかったけど、大きくなると、なかなか難しいなあと、感じる最近です。そんな言いにくい気持ちも、絵本の言葉だったら、心を込めて口に出せる気がします。おやすみ...

続きを読む

『ハンタイおばけ』 それも大切と言い聞かせて・・♪

ハンタイおばけ光村教育図書 トム・マックレイ  20061001******************************あるひ、ネイトがめをさますと。天井からハンタイおばけが見下ろしていました。パパをよんで、ネイトが、「ハンタイおばけがいる」と、天井を指をさしても、パパには見えません。ハンタイおばけは、反対のことをするので、もういないのです。それからというもの、ネイトのまわりは何もかもがハンタイになります。さて、ネイトはどうなるの...

続きを読む

静かな時間 ♪

一人の待ち時間があったので、カフェに寄りました。30分ほど、コーヒーを飲みながら、読書。絵本ばかり読んでいるわけではなく、大人の本も読みます。出掛けるときに、コンパクトな本を1~2冊もっていきます。持ち歩きには適してますね。ここは、スマホも、Wi-Fiも、通じません。圏外表示になります。そんなに遠くにきたかな・・・。でも、それがいいなと思います。にほんブログ村にほんブログ村★Facebook「トキニハ絵本」~...

続きを読む

『わたしのそばできていて』  優しい時間があります・・♪

わたしのそばできいていて20161020 WAVE出版 リサ・パップ作  菊田まりこ************************************字を読むのが大嫌いなマディ。国語の時間、みんなの前で、声を出して本を読むと、つっかえてしまう。星のシールが欲しいのに、先生から貰うのは「がんばりましょう」のハートのシールばかり。。ある日、ママがマディを図書館に連れて行ってくれました。図書館には、白クマみたいに大きくて、白くて、ふわふわした素...

続きを読む

絵本との出会い・・・♪

子どもも大きくなり、子どもがメインで読む本は、絵本でなくなりました。すっかり長編ものになってます。児童書の長編物を読む時間まで、私にはないので、子どもに任せています。子どもが絵本から遠ざかると、私も絵本と接する機会が減るのかな・・と思っていましたが、そんなこともありませんでした。今でも、新しい絵本との出会いはあります。読んでなかった、知らなかった絵本が、まだまだたくさんあって、感動もあります。そし...

続きを読む

『なぞなぞはじまるよ』 一緒に楽しむ・・♪

私、なぞなぞは、苦手なんです。簡単な問題も、なかなか答えられません。頭が固いんでしょうね。だけど、この絵本は楽しく読めます。なぞなぞはじまるよ絵本館 おおなり修司 作   高畠純 絵どうしてかな~と考えると、「なぞなぞ」も面白いんですけど、高畠純さんの絵が、ピッタリはまってて面白いせいかな・・と思います。高畠純さんのシュールな感じの絵が、とても楽しんですよね。。本を読みながら、にまーと笑ってしまい...

続きを読む

プロフィール

ほんまま

Author:ほんまま
絵本と児童書が好きです。
あまり知られていないような、楽しい絵本や、心に残る児童書を、備忘録的に紹介します。

お願い

◇掲載の記事・写真・イラスト等の全てのコンテンツの無断複写・転載はご遠慮ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -