記事一覧

子どもの体験教室 ♪

夏休みの日記的な話題です。。。
貴重な体験教室の付き添いをしてきたので、ご紹介します。


夏休み、ということで、子どもの体験教室に付き添って行ってきました。


待ちに待った「コードブルー」も始まったタイミングで、ドクターヘリの見学もできる体験教室に当選したので、子どもも大喜びです。
指折り数えて待つお正月以上に、子どもはこの日を楽しみにしていました。





私は、生々しいことが苦手なので、ちょっと気分はブルーでしたけど・・・。
付き添いも、仕方ないですね。。(*_*)



午前中は、講話と見学でした。


講話の後に、ドクターヘリの見学です。
この日もドクターヘリの要請があれば飛んで行ってしまい、見学できないところでしたが、なんとかタイミングよく見学できました。
ドクターヘリの見学ができなかったら、子どもがガックリ落胆していたと思います。
本当にホッとしました。



ドクターヘリ



機体に触ることはできなくて、見るだけでした。でも、フライトナースの方が携帯する荷物などを見せてくれました。
皆さん興味津々でした。





DSC_0604[1]



次は、臨床研修センターの見学でした。
研修用と言えど、いざというときには実際に使えるように作ってあるとのことでした。



DSC_0613[2]




ある部屋には
注射の練習用に腕が並べありました。
血管注射の失敗をすると血のりが出てくるらしいです。


シュールです。


DSC_0618[2]





そして、これは、内視鏡の練習台だそうです。



DSC_0619[2]



ICUの中のダミーの患者さん


DSC_0616[2]


ダミーだけど、リアルな赤ちゃんたち。
子どもは、何度も抱っこしてました。
感触が赤ちゃんらしくって、可愛いかったみたいです。


DSC_0624[2]



午前中の最後は、博物館の見学でした。
標本など苦手系な私は、座って休憩。


DSC_0640[2]


そして
お昼には、美味しいパンを用意して下さっていました。
至れり尽くせりでした。



そして、午後の部がスタート。
午後は、「応急処置」体験です。


AEDや応急処置など、一通りの説明を受けた子どもたち。


地震が起きたという想定で、災害時医療救護のシミュレーションをすることになりました。
子どもたちは、災害現場でのお医者さん、看護婦さん、消防などの役になって、トレアージ~搬送までを疑似体験します




ここが災害現場です。
※心意気を感じる現場でした。



DSC_0642[2]



そして、なんと、保護者達は、負傷者役に変身することに・・・・。
トレアージの緑、黄、赤、黒などの役に分かれて、ケガのお化粧などをしてもらいました。


私は、これ担当になりました。。



DSC_0654[2]





足の指が切れて、意識がない、赤の役でした。


妙にリアルで、自分でも怖かった。。
でも、実際はコレを使いました。





DSC_0652[2]



そして、疑似体験がスタート。
私は、意識がないという想定で、現場に倒れていました。

子どもたち、ではなくて、救助の人が助けに来てくれて、「おい」と呼びかけてくれましたが、
意識がないので、返事をしなかったら、どこかに行ってしまいました。
そして、まわりの人は救助される中、私は搬送してもらえず、内心心配になってしまいました。

すると、最後に
大人の救助隊員が、「まだあそこにいるぞ! 搬送!」と、言ってくれたので、無事(段ボールに書かれたイラストの)ドクターヘリに乗ることができました。
※もちろん、子どもには私を運べないので、負傷した足を持って、自分で歩いていきました。(笑)


私の「トレアージタグ」です。



トレアージ



長い一日が終わりました。



全体を通して、
子どもたちのために、主催者の皆さんが、一生懸命考えて用意して下さったんだなということが、よくわかりました。
そうした姿勢は、参加した子どもたちの心にも響いたと思います。
子どもたちにとって、興味・関心がある現実の場所に立ち、リアルな物を確認・体験できるというのは、最大の刺激です。


この体験を通して、子どもたちの心に何が残ったのかな、きっと何か残ったはずです。
子どもたちの夢や、未来、知恵に繋がっていくのかな・・・と思いました。





私は常に遠巻きにみているだけでしたが、メインの子どもが有意義に感じていたので、頑張って付き添った甲斐がありました。(笑)





にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


Facebook「トキニハ絵本」
関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

ほんまま

Author:ほんまま
子どもが生まれてから、ますます絵本や児童書(本)が好きになりました。
絵本(本)との出会いを、日々の暮らし、子育ての事などを交えながら紹介してます。

お願い

◇掲載の記事・写真・イラスト等の全てのコンテンツの無断複写・転載はご遠慮ください。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カウンター