記事一覧

『ももたろう』  きびだんごは重要アイテム♪

わが家の子どもがお気に入りの和菓子。 大・大・大好きな「きびだんご」
最近は、「白桃味」にはまってます。あっさりしているところがいいです。

先日は、自宅用なのに、箱入りを買いました。 
自宅で「何個食べた??」と、奪い合いになりました。(笑)。



DSC_2223[1]



私が子どもの頃は、きびだんごが正直苦手でした。。※きびだんこのみなさん、すいません・・・
東京の叔母は、帰省するたびに、「お土産にきびだんご、絶対買わなきゃ」と、いつも力強く言ってました。
それが、子ども心に不思議で、不思議で。。。
つい最近まで、食べることは、ほとんどなかったですね。


我が家の子どもは、小さいころに法事か何かで食べて以来、きびだんごの事を大好きになりました。
「きびだんご、買って~」とおねだりされるようになりました。
そのうち、私もつまむようになり、美味しさに開眼したのです(笑)


特に、この五味太郎さんのイラストの包装は、可愛いです。
子どもも、このイラストを目指して、きびだんごだと認識したようです。
目につきやすいし、覚えやすいですからね。



おなじイラストの『ももたろう』の絵本を、五味太郎さんは描かれてます。
食べて楽しい、読んでも楽しいセットです。




ももたろう―だれでも知っているあの有名な
五味太郎 絵本館 2007年4月



***************************

ももたろうは、なんとなく鬼が見たくなりました。
ももたろうは、さる、きじ、いぬを連れて、きびだんごも持って、鬼ヶ島へ出かけました。
鬼が島についたももたろうは、鬼と戦って、ももたろうが勝ちました。
鬼が突然襲うのは違反だ文句をいうので、ももたろうは鬼とサッカーをしました。
さて、最後の勝負は。。

***************************


『ももたろう』は、有名な昔話で、絵本もたくさん出ています。
全部同じストーリーかと思うと、
不思議なくらい、色々、多種多様なバージョンがあって、読み比べるのも楽しいです。


特に五味太郎さんの『ももたろう』は、平和感が溢れたお話です。
勝ち負けじゃないなあって、ももたろうも、鬼も楽しそうと思いながら
きびだんごを食べると、よりいっそう美味しく感じます。

どの桃太郎が好きですか?

やっぱり力強い桃太郎ですか?





にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村



Facebook「トキニハ絵本」



関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

ほんまま

Author:ほんまま
子どもが生まれてから、ますます絵本や児童書(本)が好きになりました。
絵本(本)との出会いを、日々の暮らし、子育ての事などを交えながら紹介してます。

お願い

◇掲載の記事・写真・イラスト等の全てのコンテンツの無断複写・転載はご遠慮ください。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カウンター