記事一覧

『からすのパンやさん』 私の一番かも・・・♪


かこさとしさんが、先日亡くなられました。

新しい本を出されるたびに、お元気されているんだなあ~と思っていました。
心強く感じていました。
なので、突然の訃報にとても驚きました。


子どものころ一番好きだった絵本が、『からすのパンやさん』です。



からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))
かこさとし 絵・文  偕成社  1969年9月 1刷



久しぶりに読んでみました。
子どもの頃も気持ちが戻ってきました。

からすって、身近にいる鳥だけど、黒くて、ちょっと怖い。

だけど、この絵本のなかのからすは、黒色だけじゃなくて、違った色のからすが登場するんです。
それだけで、頭の中がどんどん広がっていって、色づいた世界になっていきます。
そして、からすのパンやさんが作る、たくさんのかわった形のパンが、楽しくて楽しくて。
こんなパンがあったらな~って、何度思ったことか。。。(笑)
最後にたくさんのからすが登場するんですが、一羽一羽、ちゃんとかき分けられて、真剣に見ちゃいます。
からすのパンやさんが暮らす森が、広がっていきます。
何度読んでも面白くて、ワクワクします。


かこさとしさんの絵本は、何気ないストーリーでも、深い考察で裏打ちされています。

また、戦争を体験された作家さんからは、強くゆるぎないメッセージを感じます。
ぶれないから、愛されるし、読み続けられるんだと思います。
かこさとしさんも、やなせたかしさんも、高畑勲さんも・・・。
ちゃんとその想いを受け止めたいと、今更ながら思います。

かこさとしさんも、この世をさられてしまったけど、
まだまだ絵本を読み続けて、学び続けたいです。

今の時代、実はすごく大切なこと、見直したいこと、必要なことが、
かこさとしさんの絵本に隠されている気がします。






DSC_2916[1]





にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村



Facebook「トキニハ絵本」




スポンサーリンク

プロフィール

ほんまま

Author:ほんまま
子どもが生まれてから、ますます絵本や児童書(本)が好きになりました。
絵本(本)との出会いを、日々の暮らし、子育ての事などを交えながら紹介してます。

お願い

◇掲載の記事・写真・イラスト等の全てのコンテンツの無断複写・転載はご遠慮ください。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カウンター