記事一覧

『うみべのまちで』   あたたかい家族の暮らし♪


最近、海外の翻訳絵本を読むことが多いなあと、ハタと気が付きました。

海外の翻訳絵本は、日本の絵本と比べて、大人向きなのかもしれません。

内容も深かったり、絵も芸術?と思うようなものもあります。


もちろん日本の絵本も、とっても面白いんですけどね。
最近の傾向として、海外物が多い気がします。



この絵本も、普通の日常が淡々と描かれてるだけだけど、内容は深いなと思います。




うみべのまちで
ジュアン・シュウォ―ツ 文  シドニー・スミス 絵   BL出版 2017年7月15日第1刷




*****************************

ぼくのうちからはうみがみえる。
とうさんはたんこうではたらいている。
うみべのまちで暮らす、ぼくの一日

*****************************


ぼくの1日が淡々と語られる中で、時々炭鉱で働くおとうさんが出てくるんです。
ぼくは、炭鉱で働くお父さんのことが好きなんだなあ・・
尊敬しているんだなあと感じます。
そして、海が見えるこのまちも、好きなんでしょうね。

最後、炭鉱からお父さんが帰ってきて、一緒に夕飯をかこみ、
食事が終わると、
家族で、ベランダでお茶をするシーンがあります。

そのページがいいですね。
1日の幸せって、こういうものかなって思えます。

海の描写もいいです。
海辺の暮らしと、ぼくの淡々としたごく普通の1日に、何か気づかされるものがあります。

小学生の高学年ぐらいのお子さんに、いいかもしれません。
むしろ、大人向けかな・・・・

時間に追われて過ごしている時、OFFできるかもしれません。
おススメです。



P1050565.jpg



にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村

絵本ランキング



Facebook「トキニハ絵本」



関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

ほんまま

Author:ほんまま
子どもが生まれてから、ますます絵本や児童書(本)が好きになりました。
絵本(本)との出会いを、日々の暮らし、子育ての事などを交えながら紹介してます。

お願い

◇掲載の記事・写真・イラスト等の全てのコンテンツの無断複写・転載はご遠慮ください。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カウンター