記事一覧

『川は生きている』 今、改めて見つめる・・・・。


今回、西日本を襲った災害。
恐ろしい思い、悲しい思い、いたたまれない思い、たくさんの想いがあったと思います。
心中お察しいたします。

いまだに、いたるところで、災害の爪痕を見かけます。



DSC_3308 (1)



長期化しそうなニュースも聞こえ、心休まる日はまだまだ遠いようです。

1日でも早く心穏やかに過ごせる日が戻れば・・と願うばかりです。



恐ろしい濁流を見たり、浸水を経験した子どもたちは、今どうしているでしょう。。。


かつて3,11の震災の映像をテレビで見た子どもが、
「家に津波が来る?」と、何度も聞いてきたことを思い出します。

どんな言葉をかけたらいいのか、と悩みました。
子どもの歳によって、受け止め方も、感じ方も違うので、すごく難しいなと思いました。


ただ、現実に起きた事実として、学習して、
これからどうすべきかを考えていくしかないのかなと、感じました。


今更ですが、
まずこの本を読んでみようと思っています。



川は生きている (新装版) (講談社青い鳥文庫)



災害対策の見直しももちろん大切です。
同時に、見過ごしがちな、抜本的な、根本的なことに向き合うことも大切かなと思っています。




DSC_3326.jpg




早く、心も晴れたらと・・・・。



にほんブログ村 子育てブログ 子育てを楽しむへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


絵本ランキング


関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

ほんまま

Author:ほんまま
子どもが生まれてから、ますます絵本や児童書(本)が好きになりました。
絵本(本)との出会いを、日々の暮らし、子育ての事などを交えながら紹介してます。

お願い

◇掲載の記事・写真・イラスト等の全てのコンテンツの無断複写・転載はご遠慮ください。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カウンター